札幌在住。奥さんと小学生の娘、フレンチブルドッグのベンと暮らしております。札幌のグルメ情報や動画配信サービスなど書いております。

1時間150円で札幌の風になる、シェアする自転車「ポロクル」

ポロクル

 

札幌は雪が降る街です。長い冬が終わる雪解けの4月頃、シーズン初めの自転車に乗って感じる風に…とてつもない開放感を感じる、kobayashi(parking@ace)です。

 

「ポロクル」の使い方がわからなかった

娘が自転車に乗れるようになり、奥さんと2人でちょっとしたサイクリングを楽しむようになりました。ですが…僕は自転車を持っていないので、どこか近くに買い物へ行く時は…“2人は自転車、僕は走る”という、自転車を持たないorまだ乗れないから自転車を乗っている友達と一緒に移動する小学生男子のような光景となっています。

 

さすがに暑い夏の日などはキツイので、自転車を買おうと思っていましたが…近所に札幌のNPO法人が運営する「ポロクル」のポート(自転車置き場)があるので使ってみようと思いました。いざ借りるとなったら、どうやればいいかわからないし…奥さんと娘は待たずに先に行っちゃうし…その日は諦めて、また小学生男子のように走りました。

 

 

とりあえず会員登録してみました

日をあらためて、まずはスマホで「ポロクル」と検索(アンドロイド端末であればGoogle Play、iPhoneであればApp Store)し、アプリをダウンロード

 

会員登録をしなくても1日パスが1300円~1500円(2019年7月現在)ぐらいでありましたが、そんなに乗る予定がなかったので、基本情報など入力して会員登録を進めました。支払いはクレジットカードのみです。

 

こういった登録が慣れていないせいもあり…ちょっと手こずってしまいましたが、なんとか登録完了。そしてポート(自転車置き場)の前で立ち尽くす…どうすればいいんだろう…。

※価格表記は全て税抜き表記です。

ポロクルのポート

 

思ったより簡単でした

アプリのホームにポート(借りる場所)が選べる地図が表示されているので、画面下の場所名を選択(現在地に近い場所から表示されます)

 

ポート情報が表示されるので画面下にスライドし、PRC0026など利用可能な自転車コードの横の予約するボタンをクリックすると、緑の背景に白文字で自転車コード右の鍵マークの横に4桁のパスコードが表示されます

 

サドルの後ろにある入力パネルでSTART→パスコード→ENTERの順に押せばレンタルスタートです。交通系のICカードやおサイフケータイでカードキー登録をすると毎回パスコードを入力する手間が省けるようですが…僕が利用しているKitaca(JR北海道の一部の区間利用できるICカード)は対応していないようなので、パスコードを入力するやり方にしました。

ポロクルの入力パネル

 

やっと札幌の風になれる

ずっしりと重みを感じる自転車のスタンドを外し、重心がやや低めの自転車に乗りました。ハンドルにズシッとした安定感があり、初めての電動アシスト付き自転車の初動のグッとした感じにやや戸惑ったものの、順調に走行を開始しました。

 

が…、なんだかサドルがお尻にささる感じが…前に使っていた方が背が高いのか、ものすごい高さに調整されていたのを(今さら)気づき…爪先立ちで信号を待つことになりました。

ポロクルで爪先立ち

 

高さはすぐに変えられるので、程よい高さに調整。今まで全身汗まみれになっていた僕の体に心地よい風が吹き、快適に自転車を走らせました。基本料金はなく、最初の60分150円。それ以降は30分ごとに100円が追加されます(月額1800円で最初の60分無料の会員も同じ)。

 

うまく利用したいですね

僕が「ポロクル」を借りて奥さんと娘と初めてお出かけ。移動時間はものの数分ですが…3人でサイクリングを楽しみました。その間、買い物や食事など…駐輪の際には、後輪のカギのオレンジ色のフックをつまみながら下げると鍵をかけられます。施錠・開錠がされた事をメールで知らせてくれるのでしっかりと確認ができます。

ポロクルの施錠

 

当然の事ながら、その間も料金は発生しています。「ポロクル」を使う理由は観光・通勤など様々あると思いますが…ポートに戻さず駐輪していると料金は発生し続けているので、うまい事利用する事をおすすめします。

 

僕は近所のサイクリングで800円ほどかかってしまったので「片道タクシーに乗れたな~」なんて考えてしまいました。ですが…自転車でゆっくりと風を感じながら札幌の街を走らせるのはとても気持ちがいいです。短い札幌のサイクリングシーズンに一度は経験してみてもいいかもしれません。

 

あわせてお読みくださいませ

 

琴似のランチ「味・価格・雰囲気・接客など」を総合して選んだ15選

ポロクル
ちょっとでも面白いと思った方はこちらもどうぞ!
>当サイトはTHE THORを利用しています

当サイトはTHE THORを利用しています