札幌在住。奥さんと小学生の娘、フレンチブルドッグのベンと暮らしております。札幌のグルメ情報や動画配信サービスなど書いております。

すすきの「スリラーカラオケ」は持ち込みOKで安い!子供も楽しめる

スリラーカラオケ外環

 

若かりし日にさんざん行ったカラオケで…「自分が歌うときなんか盛り下がっちゃんだよな~」と奥さんに何気なく言ってみたら、「下手だからじゃない」と核心をつかれ…それ以来、一人カラオケにハマりだした、kobayashi(parking@ace)です。

——————————————————–
スリラーカラオケ南3条店
住  所:札幌市中央区南3条西2-1-5
電  話:011-232-0311
アクセス:地下鉄東豊線 豊水すすきの駅
2番出口より徒歩約30分
営業時間:10時~翌6時
定休日:年中無休
営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
——————————————————–
夕方6時までは30分【一般】76円+税・【学生】50円+税~
夕方6時以降は30分ルーム料金190円+税・飲み歌い放題381円+税

個性的な外観はあまり好きじゃなかった

今では遊びのお誘いに「お金ないからごめん!行けないっm(_ _)m」と断ってばかりの日々を過ごしていますが…若かりし日の学生時代はさんざん遊びました。

 

暇さえあれば(なくても)すすきのへ…他愛のない話を毎度毎度繰り返しても飽きる事なく楽しんで…バイト代を湯水のごとくすすきのへ流し込み…1日に何件もハシゴするような生活をしておりました。

 

若くありあまったエネルギーを発散するために、その日の最後はカラオケ店に行く事がお決まりのコースのようになっていて、どこも混んでてカラオケ店を探しているうちに、個性的な外観の「スリラーカラオケ 南3条店」を見つけました。正直この見た目は当初、あまり好きではありませんでした。

 

すすきのでの3次会・4次会には必ず行く

当時はどこのカラオケも混んでいるので、「歌えればどこでもいいや」って感じに…この時はまだ“自分は歌がうまい”と思っていた僕は…スリラーカラオケに行っていたような気がします。

 

料金なども特に気にせず、比較的待ち時間が少ないお店だったので、遊んでいる最中「この次どこ行く」と言ったら…「やっぱスリラーでしょ」と誰とはなしに口にするようになり、僕らの定番となっていきました。

 

ここで夜通し遊んでから店外へ出て見た朝日は、今でも我が青春時代の思い出としてきらりと輝いています。

 

その頃には個性的な外観にも愛着が湧き、外観同様に個性的な店名を「スリラー」と略して言っていたのが、僕らの中でキャッチーなフレーズとなり、お店に行くきっかけになっていたと思います。

普通なルーム内

↑ルーム内は普通です

 

地域に愛される店を目指して

そんなキャッチフレーズを掲げる北海道の企業「タカハシグループ」は平成元年にカラオケ事業を開始し、道内にカラオケ店が77店舗(2019年7月現在)あります。スリラーカラオケの他にも「監獄カラオケ」というパンチのあるネーミングの店舗があり、その待合室は牢屋風となっております…。

 

言ってしまえばキワモノ系の部類に入るこれらのブランディングは、最初こそ話題になるものの…長年営業できるお店は数少ないと思います。

 

学生時代を終え、遊ぶお金がなくなり…めっきりすすきので遊ぶ事も少なくなった現在は、スリラーカラオケの存在すら忘れていました。。

 

久しぶりに「スリラーカラオケ」へ

娘と姪っ子と義理の姉とすすきの近辺をぶらぶらした後の別れ際…姪っ子が「カラオケに行きたい!」と別れを惜しんで言い出し、娘も賛同。

 

奥さんからの「下手だからじゃない」発言以降の僕は、すっかりカラオケ恐怖症となっていたので…全力で「ダメダメ~!もう帰るよ」と拒否をしていたのですが…2人に強く手を引っ張られ「お願いだから行こう♡」と言われてしまっては…もう拒否する事ができません。。

 

「わかった行こう」と声を絞り出し、ここら近辺で安く行けるカラオケをスマホで検索しました。そこには久しぶりに見る「スリラーカラオケ」の文字が…懐かしく思いながらよく調べて見ると「持ち込み自由」と書かれていました。ルーム料金が安くても、ドリンクなりフードなりを頼んでいたら結構な料金になっている事があるので、迷わずここに決めました。

 

コンビニで食べ物と飲み物を買って行こう

買い物袋をぶら下げ、店外からガラスの自動ドア越しに店内を見てみると行列が…若い人を中心にまだまだ人気があるんだなと感心しながら待っていると、思ったよりも早く受付の順番が回ってきました。

 

「大人2人・子供2人」と伝えると、近年稀に見るくらいのナイスな接客の若い男性店員が「お子様はガチャガチャ好きですか?」とコインを渡してくれて子供達は大喜びでした。

店内のガチャガチャ

 

そして1時間楽しんで、お会計は全部で780円…安い。

 

帰り際も若い男性店員のナイスな接客に心地よくなりながら店の外に出ると、姪っ子が楽しかった時間過ごした分、別れ際の寂しさのギャップに耐えきれず泣き出してしまいました。

 

「また今度ね」と約束し、僕も学生時代の楽しかった思い出と、また新たに楽しい思い出となった“点と点”が20年という長い線で結んでくれた「スリラーカラオケ」はもはや…ただのキワモノ系ではなく、すすきのカラオケの王道として地域に愛されるお店になっていました。

 

——————————————————–
スリラーカラオケ南3条店
住  所:札幌市中央区南3条西2-1-5
電  話:011-232-0311
アクセス:地下鉄東豊線 豊水すすきの駅
2番出口より徒歩約30分
営業時間:10時~翌6時
定休日:年中無休
営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
——————————————————–
夕方6時までは30分【一般】76円+税・【学生】50円+税~
夕方6時以降は30分ルーム料金190円+税・飲み歌い放題381円+税

あわせてお読みくださいませ

地元札幌チャーハンの旨い店14選|好き過ぎて4千食は食べてます

『アリオ札幌』子連れで楽しむ、合法無銭飲食ツアーのご案内

暗がりの階段を登ると「そらのガーデン」であった。札幌エスタの楽園

スリラーカラオケ外環
ちょっとでも面白いと思った方はこちらもどうぞ!
>当サイトはTHE THORを利用しています

当サイトはTHE THORを利用しています