札幌在住。奥さんと小学生の娘、フレンチブルドッグのベンと暮らしております。札幌のグルメ情報や動画配信サービスなど書いております。

ユーザーへの愛情あふれるアニメ見放題サービス「dアニメストア」

dアニメストア トップ画像

 

アプリを少しいじっただけで「dアニメストア」のユーザーへの愛情を感じてしまった、kobayashi(parking@ace)です。

 

本ページの作品情報は2020年8月6日時点のものです。
最新の配信状況はdアニメストアサイトにてご確認ください。
関連記事

    休みの日は家族が起きる前に早起きをして、動画配信サービス(VOD)で映画を観るのが楽しみな、kobayashi(parking@ace)です。そんな私がすべての動画配信サービスを実際に利用してみて、お[…]

dアニメストアとは

dアニメストアとはドコモとドコモアニメストアが運営する、アニメ作品に特化した定額見放題の動画配信サービスです。2019年には見放題作品数が3,000を突破し、現在も怒涛の勢いで作品数が増え続けています。

 

月額使用料は440円(税込、以下同)となっており、数多くあるVODの中でも、最安クラスの料金設定で楽しめるようになっています。2014年のキャリアフリー化から、ドコモユーザー以外でも視聴が可能になりました。

dアニメストア 無料おためしページ
Screenshot:dアニメストア

 

特筆すべきは、現在3,800作品以上ある見放題動画から“見たいアニメ”をオススメしてくれる「特集」です。ユーザーとの距離をグっと近づけ、一緒に作り上げる「dアニメストア」は他の動画配信サービスとは一線を画す親近感があり、ユーザーの満足度を高めています。

 

 2020年9月にdアニメストアでいよいよグッズ販売がスタート!

 

どの年代ユーザーが多い?が一目でわかる「人気投票」

2015年から始まったユーザーアンケートは、定期的に行われる「特集」です。「今期でもう一度最初から見たいアニメ」「今期で萌えたアニメ」などシーズンごとに集計をしていましたが、2020年からは「今期見られているアニメ」を年代別・性別別に確認できるようになりました。同世代はどんなアニメに関心があるかが一目でわかります。

 

あくまで投票したユーザーの年代なので実際のユーザー比率とは一概に言えませんが、40代が最も多く、男性は女性の3.3倍が投票に参加していました。以下は「2020夏アニメ人気投票」の年代別投票数です。グラフでは確認できませんが、投票数69,421票の中に10代以下が6票入っていたのが微笑ましいです。

dアニメストア 年代別投票数

 

「特集」はトップページから「さがす」を選択し、少し下の方へページをスクロールしたところにある「特集一覧」から確認する事ができます。

トップページから特集一覧
Screenshot:dアニメストア

 

ユーザー目線で選ぶ「全作品No.1総選挙」

目視で確認したところ、215もある「特集」の中で必見なのが、2019年に見放題3,000作品を突破記念でおこなった「全作品No.1総選挙」です。

全作品No.1総選挙などの特集
Screenshot:dアニメストア

 

100位から全ての作品が、ユーザーのおすすめコメント付きで確認する事ができます。「全作品No.1総選挙」のページは膨大な情報量があるので、全て読むまで相当な時間がかかると思いますが、ユーザーと「dアニメストア」の熱量がとてもよく伝わります

 

まずは一位から確認してみて、気になる作品を探し、コメントを読んで興味を深めるといいでしょう。ページの下の方にはユーザーから3,000作品突破のお祝いメッセージが紹介されています。

愛のメッセージ ご紹介
Screenshot:dアニメストア

 

このように愛される動画配信サービスを、これまで見たことがありません。ユーザーと運営が一緒になって「dアニメストア」を作っている象徴のように感じました。

 

ページをさらに下に進めると“チャレンジ運命のアニメ”と題して、ランダムで4作品表示されるミニゲームがありました。このような遊び心もナイスです。これまで知らなかった運命のアニメが見つかるかもしれませんね。

チャレンジ運命のアニメ
Screenshot:dアニメストア

 

思わず見たくなってしまう「特集」

「Re:ゼロから始める異世界生活」では制作に携わったアニメプロデューサーの独占インタビューや、「魔王学院の不適合者」ではメインキャストのコメントムービーなど作品に特化した「特集」でファンを満足させる中、見たい作品を探すその他の「特集」も要注目です。

 

参加型の「おすすめアニメ診断チャート」は、こんなシチュエーションならどっち?という2択を何問か答えていき、“アニメのストーリーみたいに進むな”と思った時にはチャートが終了し、オススメのアニメが表示されます。これにより自分が理想とするストーリーに近いアニメを発見する事ができるでしょう。

おすすめアニメ診断チャート
Screenshot:dアニメストア

 

また「上級者になるためのテクニック」特集ではdアニメストアの上手な使いこなし方が紹介されています。ユーザー目線に立った有益な情報が嬉しいですね。

上級者になるためのテクニック
Screenshot:dアニメストア

 

他にもアニメの知識を試す「期末テスト」や、作中のセリフをもじった「ガンダム川柳」、ストーリーのクオリティの高さを証明する「涙の感動回」など、思わず見たくなってしまう「特集」から未知のアニメを発掘する事ができます

 

そんな特集が200以上もあるので、アニメが好きではない人もついつい引き込まれてしまうかも知れません。

 

ユーザーを満足させる「検索」と「リクエスト」

特集では未知の作品を発掘してくれる楽しみがありますが、“あの作品が見たい”というユーザーも満足させる「検索」は、作品名・曲名・声優のみならず、歌手・アニメキャラクター名でも見たい作品を探す事ができます

 

 ここでしか手に入らない!高品質フィギュア!F:NEX(フェネクス)

 

例えば、作品名は忘れてしまったけど、キャラの名前はなんとなく覚えているという方や、あの声優の作品一覧を確認したいという方に嬉しい機能です。ただし、正式には漢字の名称のキャラなどは、ひらがなやカタカナ入力では検索されないので注意が必要です。

作品検索について

Screenshot:dアニメストア

 

「dアニメストア」は地上波先行で放送されるアニメが多いので、TV放映中のアニメに「気になる」をしておくと、お知らせによりイチ早く作品をチェックできます。

 

また、好きなキャスト(声優)をフォローしておくと、関連作品が追加されたタイミングでお知らせが届くので見逃す事がありません。検索からキャストを探す他に、「さがす」から「声優50音順」でも気になるキャストをリサーチする事ができます。

トップページから声優50音順
Screenshot:dアニメストア

 

「検索」してもなかったアニメは「お探しのアニメがなければリクエスト!!」をしてみましょう。実現したかどうかは、定期的に特集される「リクエスト応えました」で確認できます。

お探しのアニメがなければリクエスト!!
Screenshot:dアニメストア

 

 

【PR】 dアニメストア

 

視聴した作品数でわかる?アニメ上級者への道

視聴したアニメが多ければ多いほどアニメ上級者というわけではないと思いますが、レンタル作品を含め全4038作品ある「dアニメストア」の中でどれだけアニメを視聴したかは気になる方もいると思います。

 

マイページに入ると「自分が見た作品数/全配信作品数」が右上に表示されています。ここで確認した作品数をみて達成感や満足感を味わうのも味わうのもいいですね。

自分が見た作品数/全配信作品数
Screenshot:dアニメストア

 

ここで注目したいのは、他の動画配信サービスでは何万本以上が見放題という表記が、連続ドラマやアニメの話数も1本とカウントしている可能性がある中で、「dアニメストア」は【全4038作品・全63951話】とはっきり明記されている事にとても好感が持てました

 

ユーザーが信頼してサービスを利用する要因のひとつと言っていいでしょう。

 

様々なデバイスに対応、HD画質の作品もあり

「dアニメストア」はマルチデバイス対応です。スマホやタブレット以外にも、ブラビアやアクオス・ビエラなどのAndoroid TVならばテレビでも視聴できます。ChoromecastやApple TV・Amazon Fire TVなどのストリーミングデバイスにも対応しているので、大画面で楽しむ環境は幅広いです。

 

もちろんパソコンでも視聴できますが、MacでSilverlightをダウンロードしても、Safariでは視聴できませんでした。Chromeで見る事ができたので注意が必要です。

マルチデバイス対応について
Screenshot:dアニメストア

 

一部作品(特に新しいアニメ)は、HD画質で視聴ができます。大画面でも細かな描写をしっかりと堪能する事ができます。

 

データ通信量が気にならないダウンロード機能

自宅の大画面で視聴を楽しむのもいいですが、外出先でちょっと空いた時間などにスマホやタブレットで見たい方も多いと思います。

 

「dアニメストア」の作品はダウンロードが出来るので、Wi-Fi環境が整った場所でダウンロードしておけばデータ通信量を気にせず、外出先でもサクサク視聴が楽しめます。

ダウンロード機能について
Screenshot:dアニメストア

 

オープニングスキップや倍速機能は、“時間がないけど、どうしても見たい”そんな気持ちに応えてくれます。

 

ひとつのアカウントで同時視聴はできない

「dアニメストア」はひとつのアカウントで同時視聴はできません。ただ、複数のデバイスで視聴が可能なので、「続きから視聴する」事がどのデバイスからでも可能です。

 

離れた場所で同じアニメを楽しみたい場合はそれぞれ「dアニメストア」アカウントが必要ですが、視聴時間を決めてTwitterやLINE・スカイプなどで盛り上がるというのもいいでしょう。

 

そんな楽しみ方を「同時視聴で楽しみたいアニメ特集」でオススメしています。特にTwitterでやったら、不特定多数の人がコメントを見るので、思わぬ盛り上がりがあるかも知れませんね。

同時視聴で楽しみたいアニメ特集
Screenshot:dアニメストア

 

ユーザーへの愛情あふれる「dアニメストア」

月額使用料440円という低価格から、リクエストやアンケートでユーザーの満足度を向上し続ける「dアニメストア」。細かな部分ですが「きせかえテーマ」で操作画面を変更できるのもユーザー目線に立った機能だと思いました。

きせかえテーマ
Screenshot:dアニメストア

 

そんな細かな気遣いの積み重ねは、ユーザーへの愛情のように思いました。

 

「dアニメストア」の公式Twitterでは声優や運営スタッフの誕生日を祝い、距離が近い存在に感じさせてくれるでしょう。特集などを見ると運営側が楽しみながら作る姿が目に浮かぶ、そんな動画配信サービスは、これからも満足度を向上させ続けると思います。

 

初回31日間は無料でお試しができます。ご自身にあったサービスかどうか、試してみるのもいいかも知れません。好きなアニメを見ながらひとりの時間を豊かにしましょう。

 

【PR】

 

あわせてお読みくださいませ

 

関連記事

    休みの日は家族が起きる前に早起きをして、動画配信サービス(VOD)で映画を観るのが楽しみな、kobayashi(parking@ace)です。そんな私がすべての動画配信サービスを実際に利用してみて、お[…]

関連記事

  VODにお金を使う事に抵抗はないけど、できる事なら満足度を下げずに安く楽しみたい、kobayashi(parking@ace)です。そんな想いに応える他を圧倒するコスパ、月額550円(税込、以下同)の動画配信サービス「d[…]

dTV トップ画像
関連記事

  熱狂的なスポーツファンの兄に、少年時代テレビのチャンネル権を奪われまくっていた、kobayashi(parking@ace)です。   そんな今でも変わらぬスポーツ愛をもつ兄とその家族に、本気でおす[…]

ダゾーン トップ画像
関連記事

  2010年に初めて動画配信サービスを利用したのが「U-NEXT」でした。今は  Amazonプライム・ビデオと Netflixを中心に映画などを視聴していますが、久しぶりに体験した「U-NEXT」の幅広いコンテンツに思う[…]

ユーネクスト トップ画像
dアニメストア トップ画像
ちょっとでも面白いと思った方はこちらもどうぞ!
>気持ちを込めた年賀状でよい新年を

気持ちを込めた年賀状でよい新年を