札幌在住。奥さんと小学生の娘、フレンチブルドッグのベンと暮らしております。札幌のグルメ情報や動画配信サービスなど書いております。

札幌「カレークラブ 樹」の500円カレーは時々無性に食べたくなる

チキンカツカレー

 

1966年に現在の札幌市中央区大通東1丁目に移転された北海道中央バス札幌ターミナルビルの地下にある食堂街が大好きな、kobayashi(parking@ace)です。

 

地下食堂街は安く美味しい店が多い

中央バス札幌ターミナルビルの地下食堂街にはいくつかの飲食店が入っていて、どこもリーズナブルに食事が楽しめる場所です。古くからの店舗もあり、開店当時からあまり料金が変わっていないような印象を受けます。その中の1つ「CurryClub樹」は、以前もカレー屋さんが入っていた場所で営業をしており、地下食堂街の中では比較的新しい店舗です。

カレークラブ樹 外観

 

中央入口からすぐ左に見える階段を下ると、美味しそうなカレーの香りを漂わせる「CurryClub樹」の看板が目に入ります。ここでは”本日のワンコインランチ”とお得なメニューを見やすい場所に掲げていて、500円のチキンカツカレー(2019年7月現在)はほぼ毎回書かれている看板メニューだと思っております。

 

お子様にも食べやすいマイルドなカレー

柔和な物腰の店主の「いらっしゃいませ」の挨拶に会釈をし、いつもの左から二番目の席に着いたら「チキンカツカレーをください」とオーダー。

 

これまた柔和に「5分ほどお時間ください」といつも気遣いをいただき、すぐさまチキンカツを揚げる音がします。それは静かな拍手喝采のような音に聞こえ、空腹ですぐにでも食べたいという衝動を和らげてくれます。そして5分も立たないうちに到着。

 

滑らかな表面のルーはキラキラと輝き、口に含むと野菜の優しい甘さが広がります。お子様も好んで食べれるようなマイルドな味なので、辛いのが苦手だけどカレーが大好きという方にはぴったりの味ではないでしょうか。

 

辛いのがお好きな方にはプラス30円(2019年7月現在)で辛口ソースに変更することが出来ます。そうしなくても、テーブルに辛口スパイスが用意されているので、お好みの辛さに調節することが出来ます。これは、どのような方にも食べやすいカレーを提供したいという店主の気遣いを感じられます。

 

揚げたてのチキンカツはサクッと美味しい

ルーの野菜の優しい甘さを口いっぱいに感じた後は、各テーブルに備え付けられているスプーンとは別で渡されるフォークを使ってチキンカツのみをいただきます。小ぶりながらもさっぱりとした旨味を十分に堪能できるのは、揚げたてならではだと思います

 

そして野菜の優しい甘さのルーと、さっぱりとした旨味のチキンカツを一緒に食べる事で、チキンカツカレーの本領が発揮されます。箸休めで食べる上品な色合いの福神漬けは食感もよく、一皿に盛られたカレーライスの中で存在感を発揮します。福神漬けが苦手な僕も美味しくいただく事が出来ました。上品な色合いが抵抗を無くしてくれたのかもしれませんね。

 

ワンコインランチに一切手抜きなし

最後にチキンカツ・ルー・ライスをスプーンに乗せ口に入れた後、お腹が満たされた満足感と美味しいカレーを味わった満足感に浸れます。

 

席で「ごちそうさまでした」と言うと、店主がまたまた柔和に「はーい、500円です」といつもの言い回しに自然と「美味しかったです」と言葉が出てきます。安さにも満足するトリプル安心の「CurryClub樹」は、時々無性に食べに行きたくなるカレー屋さんです。

 

——————————————————–
住  所:札幌市中央区大通東1丁目3
中央バス札幌ターミナルB1F
電  話:011-233-3039
アクセス:地下鉄南北線 大通駅より徒歩約5分
地下鉄東西線 バスセンター前駅
2番出口より徒歩約2分
営業時間:11時~20時 (L.O.19時30分)
(日曜営業)
定休日:不定休
営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

 

あわせてお読みくださいませ

 

「TKPカフェテリア」札幌駅前カレー700円食べ放題は秘密にしたい

琴似のランチ「味・価格・雰囲気・接客など」を総合して選んだ15選

人んちのカレーが恋しくなったら、二十四軒の食堂「ぽち」へ行こう

チキンカツカレー
ちょっとでも面白いと思った方はこちらもどうぞ!
>当サイトはTHE THORを利用しています

当サイトはTHE THORを利用しています