札幌在住。奥さんと小学生の娘、フレンチブルドッグのベンと暮らしております。札幌のグルメ情報や夫目線の家事についてなど書いております。

「全裸監督」を観ていて自然と涙した黒木香役:森田望智の憑依的演技

ねんどで作ったブリーフ

 

お盆の帰省で奥さんと娘がいないことをいい事に、Netflixで「全裸監督」を一気見してしまった、kobayashi(parking@ace)です。

 

山田孝之主演のNetflix配信ドラマ

2019年8月8日よりNetflixで配信がスタートした全8話の連続ドラマ「全裸監督」は、1980年代を舞台にアダルトビデオの帝王と言われた“村西とおる”が主役のお話です。ベースは本橋信広さん著書の「全裸監督 村西とおる伝」との事ですが、読んだことはありません。

 

また、ストーリーのどこまでが事実かはわかりませんが、ドラマ作品として観た感想です。主演は山田孝之。原作や村西とおるを知らなくても、ブリーフ一丁でカメラを持つ姿だけで興味をそそる本ドラマのメインビジュアル。

 

言葉遣いが丁寧…というか変な喋り方をするAV監督ぐらいのイメージしか持っていなかったので、この作品でどのような事をしてきたかを知りました。

 

アダルトビデオの帝王 村西とおるが誕生するまで

物語の始まりは、村西とおるの英会話教材を売るダメ営業時代から始まります。

 

クビ寸前の状態でトップ営業マンの先輩(演:板尾創路)から…公園の地面に書いた卑猥に見えるマークとともに教えてもらった「全員上玉の女だと思え、とにかく褒めて褒めて褒めて褒めて褒めて褒めて褒めて褒めて、心を開かせろ」「そしてパックリと開いたそこに」「最高の口説き文句を情熱的に突き刺す」「なるべく丁寧な言葉でな」この言葉がのちのアダルトビデオの帝王のバックボーンとなったのでしょう。

 

これによりトップの営業まで上り詰めましたが…その先輩の横領と、奥さんの浮気(村西にも原因あり)により、そのスキルのやりどころがなくなってしまうとともに、人生の全てを捧げてきた家族が離れていきました。

 

そんな時出会ったのが裏社会に生きるチンピラのトシ(演:満島真之介)と出会い相棒となり、まずはビニ本の帝王と言われるまでの第一歩を踏み出すまでが描かれたのが第一話でした。

 

“普通”な容姿の山田孝之から漂う最高の狂気

ドラゴンヘッド(2003年 監督:飯田譲治)やその夜の侍(2012年 監督:赤堀雅秋)などで振り切った役をする山田孝之は、ハマっていると言っていいのか安心して見る事ができますが…普通の容姿で演じる時はそのギャップなのか、ちらっと漂う狂気が映画全体を通して緊張感を持たせ、凶悪(2013年 監督:白石和彌)ではリリー・フランキーやピエール瀧(本作にも出演)の狂気を際立たせる存在となっていたように感じます。

 

そんな彼が、ちょっとぽっちゃりしてブリーフ一丁でカメラを持っているだけで「あ~面白かった」だけで終わる作品ではない事を感じさせます。営業マン時代に培った自信と、失うものがない状況が…村西とおるの感性を十分に発揮できる土壌となった姿を、静かに情熱的に…規格からはみ出したカリスマ像を溢れんばかりの狂気を漂わせて演じています。

 

名作「手紙」で兄だった玉山鉄二と共演者

手紙(2006年 監督:生野慈朗)で山田孝之の兄役だった玉山鉄二が、出版会社社長として2話から登場します。その後、村西を支える参謀役として支える姿は個人的に感慨深いものがありました。今回は陰なイメージの役でしたが、陽へも幅広く演じられるいい役者さんです。

 

村西らを取り締まる警部役のリリー・フランキーは今作でも只者ではない感を発揮し、作品の奥行きを出す役割をきっちりと果たしています。この人が出ているだけでも観た映画・観たい映画は数多くあります。

 

そして、こちらも個人的な印象ですが、落ちぶれたヤクザから栄枯盛衰な姿を巧妙にしたたかに演じた國村隼はとても素晴らしかったです。いつも通りのよくある役かもしれませんが、ともすればポップで軽くなってしまうドラマ全体を、しっかりと地に足がついた重みを持たせる役割として存在感を出しています。

 

メイク係の順子(演:伊藤沙莉)はとてもチャーミングで素敵でした。

 

地上波完全NGの描写だからこそ観れる名演技

村西が事あるごとにAV業界最王手ポセイドン企画の社長 池沢(演:石橋凌)の術中にはまり、転落しては別の手で這い上がる姿が主流として描かれる中、並行して佐原恵美(その後の芸名黒木香)が厳格なクリスチャンの母親に愛情という抑圧を受け続ける姿が描かれています。

 

踏みつけにされた人格は性的欲望を経由して恵美(黒木香)から解放されていきます。その過程を23歳(2019年8月現在)の森田望智が演じる姿は徐々に目が離せなくなっていました。

 

アダルトビデオの帝王が主役の作品なだけあって…絡みと言っていいのか、濡れ場と言っていいのか…アダルトビデオ撮影の様子はギリギリアダルトビデオじゃないかなり大胆な描写がされています。

 

これは地上波ではない連続ドラマ(年齢制限は大人向け)だからこそ出来ると思いますが、森田望智は解放していく様を水を得た魚のように演じ、黒木香のデビュー作「SMぽいの好き」(発売当時の僕はまだまだ小さいガキですがこのタイトルはなぜか知っていました)の撮影シーンで、ベッドの中で魚になって演じきる姿を観た時には、規制の強い地上波でこれから女優さんが演技力を発揮する場がもうないのでは?と思ってしまうぐらい難しい役どころをこなしていました。

 

 

黒木香を演じた森田望智の憑依

とある事情で保釈金が必要になった村西のため、お蔵入りになった「SMぽいの好き」の宣伝活動でメディアへの露出が増えた黒木香。当時まだ小さかった僕は、言葉遣いが丁寧…というか変な喋り方をするAV女優という認識しかありませんでしたが…在学中の有名国立大学の名前を出し、解放的に性について話す綺麗な容姿の女性というキーワードだけ並べても話題性があり、魅力的な人物だったと思います。

 

その姿を一見普通の女の子…だけど品のあるお嬢様…そして大胆に変貌する様を、森田望智がとてもうまく演じています。上品に話す学生時代から、テレビ番組に出演するステレオタイプの黒木香を演じていたシーンでは、4:3のブラウン管テレビから映し出される彼女があまりにも別人となり憑依と言っていいほどの演技を見せつけられ、観ている自分の感情を不意に揺さぶられ涙してしまいました。

 

この変貌というか人格の解放は村西への愛ゆえにだという描写も非常に丁寧に描かれています。

 

全8話を観終わって…

「全裸監督」のロゴに絶妙に配置されたモザイクを観てから、細部に至るまでこだわったクオリティの高い作品だと認識させられました。巨額を投じて制作されているとのことなので、一瞬映った昔の“我が街、札幌”のススキノの光景もセットで作られたものなのかなと想像を膨らまさせてくれます。

 

チーム村西の面々が女優さんを大切に扱う姿が印象的で、このような状況で(見たことないので申し訳ないですが…)良い作品が作られてきたという事を教えてくれます。

 

それぞれ役者さんがいい演技をしていますが、画面から溢れ出る山田孝之の熱量は、この作品をいいものにするために必要不可欠だったでしょう。久しぶりに本当に面白いドラマを観ました。

 

あわせてお読みくださいませ

 

いつも心に「ジャッキー・チェン」を…酔拳だけが代表作じゃないあの頃

ねんどで作ったブリーフ
ちょっとでも面白いと思った方はこちらもどうぞ!
>ご覧いただきありがとうございます!

ご覧いただきありがとうございます!

ちょっとでも楽しんでいただけたら嬉しいです