札幌在住。奥さんと小学生の娘、フレンチブルドッグのベンと暮らしております。札幌のグルメ情報や夫目線の家事についてなど書いております。

バブリーな水風呂でついつい長風呂になる、天然温泉「北のたまゆら」

北のたまゆら 桑園 外観

 

公衆浴場に行くと…温泉で温まりたいというよりも…水風呂にじっくりと浸かっている時間が好きな、kobayashi(parking@ace)です。

 

JR桑園駅より徒歩約4分

JR桑園駅から徒歩4分ほどに「天然温泉やすらぎの湯 北のたまゆら 桑園」があります。ここは食堂や理髪店・マッサージ店などを併設しているいわゆるスーパー銭湯です。浴槽には天然温泉を使用しています。

 

塩素消毒をしているというのが関係しているのか、肌の弱い僕は入浴後少しヒリヒリする感じがありました。以前行った時は夜だったので若干混んでいましたが、今回は平日の朝8時頃に伺いました。この時間はご高齢の方々がメインの時間帯で空いていました。

 

天然温泉について

 

様々な温泉があります

脱衣所で服を脱ぎ、浴場に入ると一番大きな主浴槽の天然温泉、その奥にはジェット風呂と低周波治療器のような感触の電気風呂、ぬるめの浴槽…そして一番奥に「水風呂」があります。ここはサウナに入った後の楽しみにして、まずは体を洗います。

 

シャワーで体を濡らしますが、シャンプーやボディソープで体を洗った後は、風呂桶に貯めたお湯を一気にかぶり泡を流すのが公衆浴場の醍醐味です。この瞬間がとても気持ちいい…周りの方には迷惑がかからないよう加減してお湯をかぶるといいでしょう。

 

室内の温泉をひとしきり楽しんだら、外にある天然温泉露天風呂、寝る姿勢で入ることができる天然温泉東家風呂でリラックス…そして室内に戻り、サウナに入ります。

 

サウナに入った後のお楽しみ「水風呂」

サウナに入ったらまずは砂時計を回転させます。そこまでサウナに長時間入れるタイプではないのですが…アツアツな状態で水風呂に入るのが好きなため、砂が落ち切るのを待ちます。

 

そして茹でだこのように体が真っ赤になってサウナから出たら…すぐ近くにある水風呂に入る前に浴槽の水を桶ですくい汗を流します。そして水風呂へ…ここは温度が高めで(冷たいですが)長く入る事ができます。水風呂の楽しみ方についてはこちらをご覧ください。

 

札幌で「七福湯」の水風呂より冷たい銭湯はあるのだろうか…

 

「北のたまゆら 桑園」の水風呂は、浴槽の左側がバブル風呂になっていて“水風呂好き”の僕としては温度が高め(しつこいですが冷たいです)な事もあり、バブリーで快適な水風呂ライフを過ごすことが出来ました。あまりに快適すぎて長水風呂となってしまいました。

 

お風呂上がりのお楽しみはやっぱりビール

お風呂上がりの楽しみはやっぱりビールです。平日の午前という事もあり人が少ない広い座敷で飲むビールは格別でした。

湯上り後のビール

 

お食事メニューが充実しているので、入浴後にお食事なんてのもいいですね。(メニューは2019年9月時点のものです。価格など変更になっている可能性があります)

 

麺などのメニュー

 

おつまみもお手頃価格です。

おつまみなどのメニュー

 

ビールを飲み終わったら、高い天井の下の畳の上で寝そべりテレビを眺める…なんて贅沢な休日の過ごし方だと思います。

 

高い天井の座敷

 

ゆっくりした後はまたお風呂へ…と行きたいところですが「北のたまゆら 桑園」では再入浴の際に追加料金がかかるとの注意書きがありました。

 

じっくりゆっくり何度もお風呂に入りたいという方はここの近くにある「湯処 花ゆづき(札幌市西区二十四軒3条1丁目19番地)」に行くことをおすすめします。こちらなら館内着が100円でレンタルできて再入浴が可能です。

 

——————————————————–
住  所:札幌市中央区北11条西16丁目1-34
電  話:011-611-2683
アクセス:JR桑園駅より徒歩約4分
営業時間:7時~翌1時(受付終了0時)
定休日:年中無休
駐車場:有り

 

あわせてお読みくださいませ

 

桑園 とんかつ「北の職人や」でロースかつの食べ方が覚醒しました

旨さに唸る串揚げを千円分食べて飲放0円 コスパ最強「てっちゃん」

北のたまゆら 桑園 外観
ちょっとでも面白いと思った方はこちらもどうぞ!
>ご覧いただきありがとうございます!

ご覧いただきありがとうございます!

ちょっとでも楽しんでいただけたら嬉しいです