札幌在住。奥さんと小学生の娘、フレンチブルドッグのベンと暮らしております。札幌のグルメ情報や夫目線の家事についてなど書いております。

娘と「チコちゃん」見終わった後、粘土遊びに 集中しすぎて叱られた話

粘土のチコちゃん

 

いつもよりちょっぴり遅く起きる土曜の朝…朝ドラが終わって、8時15分から始まる「チコちゃんに叱られる!」を見ながら、ご飯三杯おかわりしつつ、娘とゆっくりとした朝食の時間を過ごすのが大好きな、Kobayashi(parking@ace)です。

 

それは、100均の粘土から始まった…

100均で売っている12色入りの小麦粘土(それぞれ個包装)を見つけて…子供の頃は粘土で遊ぶのが大好きだった僕は、ついついテンションが上がってしまい、娘に「今度これで遊ぼうね」と購入。

 

その今度とは「チコちゃんに叱られる!」を見終わった土曜の朝でした。

 

娘は粘土の型を使ったりしてごはんを作るのが好きで、いつかこれが本当にごはんを作ってくれるようになるのかなと、ほんのりとした感動をしております。

娘が作った粘土
↑娘の作品。これは土曜の朝の写真ではないです。。

 

僕もいつものように娘と粘土型使って遊んでいましたが、小麦粘土のカラーの豊富さを眺めながら…先ほど見た「チコちゃん」を作れるのではないかという感情がふつふつと湧き出し、娘に…

 

「ちょっとチコちゃん作ってみようかな」

 

…と言ったら喜んでくれたので、できるだけ色を近づけようと、体のパーツ別に色を混ぜながら作り始めました。

 

作り始めたら凝ってしまって…

子供とはなかなか飽きやすいもので…娘は早々に別の遊びを始めてしまいました。。チコちゃん作りに熱を帯びてしまった僕は、爪楊枝を片手に小さなパーツ作りに没頭。

 

眉毛なんか消しゴムのカス並みに細く小さく、八重歯に至ってはゴマより小さく作って…こんなサイズにしようと決めたのは自分ですが、かなり苦戦しました。。

 

そんな中「パパーこれで遊ぼう!」と別の遊びのお誘いが…「ちょっと待ってね〜」なんて言いながら、納得いくまで凝ってしまって。。「あと何分ぐらいでできるの〜」という娘の怒りのカウントダウン攻撃に焦らせながらも、なんとか完成させました。

チコちゃん完成

 

そして反省へ…

怒りの娘は粘土遊びの次に始めた遊びから、さらに次の遊びを始めておりました。。

 

「ごめんね。出来たよ」というと、「すごい!」とは喜んでくれましたが…一緒に遊ぶ時間に一人きりで遊ばせてしまった事を反省。その後は娘の機嫌を取りながらいつもより多めの時間一緒に遊びました。

 

余談ですが…

小学校で「折り紙係」なるものに就任した娘は時間があれば小さなカエルを作っていたらしく、気づけば中々な量になっていました。そんな何かを作る事に情熱を注ぐ娘を見て、血は争えないなとちょっと嬉しく思いました。

娘が作った折り紙

 

 

あわせてお読みくださいませ

 

100均で売っている12色入りのこむぎねんどは、「藤子・F・不二雄」作品のキャラクターがとても作りやすい

生後7歳7ヶ月の娘から、1万回以上聞いた「みて〜」の合図について

小学生でも簡単!娘が初めて調理したマグカップオムライスの作り方

粘土のチコちゃん
ちょっとでも面白いと思った方はこちらもどうぞ!
>ご覧いただきありがとうございます!

ご覧いただきありがとうございます!

ちょっとでも楽しんでいただけたら嬉しいです