札幌在住。奥さんと小学生の娘、フレンチブルドッグのベンと暮らしております。札幌のグルメ情報や夫目線の家事についてなど書いております。

野菜・鮭・豚肉などで簡単に作る、色々なバリエーションのチャーハン

出来立ての野菜入りチャーハン

 

今日のお昼は何を食べようか…そんな時、まず最初に浮かぶのは…「ご飯が食べたい」。今では麺類などもメインに食べられますが…ひと昔前はご飯を食べなければ気が済まなかった中年ぽっちゃり豚野郎の、Kobayashi(parking@ace)です。

 

ごはん=チャーハンってくらい大好きでした

白米をそのまま食べるのも大好きですが、火力とフライパンの油で作る…中華料理の最高傑作「チャーハン」がたまらなく好きです。以前は数人でラーメン屋さんに行っても、チャーハンだけを頼んでしまうほどチャーハン大好き野郎でした(今ではラーメンも大好きです、ラーメン屋さんではちゃんとラーメンを頼みます)。

 

昼食は週4でチャーハンという時代もありました

チャーハンばかり食べ続けた習慣が、今のぽっちゃり豚野郎な容姿を作ったと言っても過言ではありません。それだけチャーハンが好きなんです。。中華料理屋さん、定食屋さん…よく通いました。大好きな味をいっぱい食べたいから…大盛りにしちゃっておりました。。ですが、よくよく考えてみると…自分で作るチャーハンが一番好きでした。

 

ごはんと卵とベーコンさえあれば…チャーハンはしっかりと美味いんです

我が家のベーシックチャーハン…卵とベーコンのチャーハンはよ〜く作ります。ベーコンなら、スライスでも…ブロックでもOKです。アツアツのフライパンに卵を落として…ちょっとかき混ぜて、ごはんを投入して、そのふたつがいい感じに混ざったところで…細かく刻んだベーコンを投入。

 

塩コショウと粉末の鶏ガラと、ちょっとの鰹だしをいれて…よーく混ぜ合わせたら、風味付けに鍋肌に醤油をひと回し…仕上げにほんの少しの塩を入れて全体の味をまとめたら完成です。これが美味いんです。

ベーコンと卵のチャーハン

 

 

一番好きなのは野菜を入れた“全部入り”チャーハン

上記のベーシックチャーハンに、細かく切ったベーコンと同じ大きさで刻んだ、玉ねぎ・ピーマン・にんじんを入れたものです。食感も含めて、具材の大きさを米粒と揃える事は重要です。

切りそろえた具材

 

まんべんなく味わえる事が理想ですね。野菜を入れる事で味の奥行きが広がり、甘みを感じるようになります。これこそが僕の一番好きなチャーハンですが…作りすぎて娘には飽きられています。。

野菜が入ったチャーハン

 

 

具材を変える事でバリエーションが広がります

ベーコンの代わりに鮭を使う事もあります。その時は玉ねぎではなく長ねぎを使う方が相性いいと思います。レタスを入れるとよりいいかもしれません。

鮭チャーハン

 

たまたま冷蔵庫に賞味期限間近の、豚肉としらすがあったのでチャーハンに入れてみました。しらすを使うので鰹だしを鶏ガラより多くし、和風な感じにしてみました。小ねぎを刻んで仕上げにパラっとのせると見た目もいいですよ。

豚肉としらすのチャーハン

 

 

チャーハンって…

かなりざっくりとした言い方ですが…米と卵さえ入れてフライパンで炒めればチャーハンです。あとはどんな具材でも…細かく刻んで一緒に炒めるだけで美味しいオリジナルなチャーハンができます。

 

具材にもよりますが…米粒と大きさをあわせる事が、全体のまとまりとしてとても重要な事なのかなと思います。って、実家でよく食べていたチャーハンの真似をしているだけですけどね。。本当に一番美味しいのは、少年時代によく食べていた実家のチャーハンですね。いまだにあの味を超えられません。。

 

あわせてお読みくださいませ

 

余ったハヤシライスは2日目が美味しい。3日間はオムハヤシが絶品!

超マニュアル人間の私が、掟を破って辿り着いた15分カレーライス

さっぱり美味しい冷奴…ちょっとだけアレンジして「見た目」で楽しもう

出来立ての野菜入りチャーハン
ちょっとでも面白いと思った方はこちらもどうぞ!
>ご覧いただきありがとうございます!

ご覧いただきありがとうございます!

ちょっとでも楽しんでいただけたら嬉しいです