札幌在住。奥さんと小学生の娘、フレンチブルドッグのベンと暮らしております。札幌のグルメ情報や夫目線の家事についてなど書いております。

塊のブロックベーコンは万能です。こんな使い方はいかがでしょうか?

ブロックベーコン

 

目玉焼きの白身と焼いたスライスベーコンに、ちょっぴり醤油をかけて箸いっぱいにつまんだ白米と一緒に食べるのが大好きな小太り男、Kobayashi(parking@ace)です。

 

ベーコンといえば、スライスしか知りませんでした…スーパーの売り場で見かける「それ」は、これまで使い道のわからない「塊」にしか見えなかったのです。。

 

薄いからベーコンは美味いと思っていた…

子供の頃から、朝食には目玉焼きとベーコン。チャーハンには細かく切って入れられていたベーコン等々…それらは全て薄く切られてスーパーなどで売られていた「スライスベーコン」でした

 

数十年スライスベーコンと共に成長した小太り男は、一人暮らしをして自炊を始めても、やはり「それ」を買って料理して満足していました。

 

そんな数十年間のスライスベーコンと僕の関係性の均衡を破ったのは…他でもない「ベーコン=スライスベーコン」という固定概念を育んだ実家の母でした。

 

実家に行ったら、帰りに何かしら持たされる…

もう結婚もして子供もいるのに、たまに実家へ帰ると出汁用の昆布やサランラップを帰るタイミングで持たされます。

 

「いらない、大丈夫だよ」と言っても、母の耳には届きません。実家帰りのリュックはいつもパンパンにされ、重い思いをして家に帰ることになります。

 

ある時そんなやりとりの中、母が冷蔵庫から取り出したのは肉の「塊」…ブロックベーコンでした。

 

野菜炒めに入れたら、存在感が際立ちました…

いつの間に母がブロックベーコンを使っていたのかは知る由もないですが…「好きな大きさに切って、野菜炒めとかに入れたら美味しいよ」とアドバイスをもらい、帰宅後パンパンのリュックから取り出した「ブロックベーコン」で他の野菜の大きさに合わせ切り…食べてみると…

 

美味い。

 

スライスでは実現できなかった、ベーコンの歯ごたえ・弾力・大きさに見合った旨味…

 

そうか、

 

ブロックベーコンは大きさを自由に変えられるからいいんだ!…こんな人によっては当たり前の事に気づかされた…小太り男でした。固定概念の年月が長い分…衝撃も大きかったです…。

 

チャーハンでも存在感を発揮…

僕はチャーハンが大好きなのでよく作ります。十数年間スライスベーコンを具材に使っていましたが…好きな大きさに切れるブロックベーコンはラーメン屋さんのチャーハンの焼き豚のごとく…肉の存在感のあるチャーハンを家庭で実現できました。

 

これも美味い。

 

これまでの無知に後悔。ですが…スライスベーコンで作るチャーハンもやはり美味しいです。好みに応じて使い分けるのがベストだと…これ以上太るのが怖い、小太り男は思うのでした。

 

あわせてお読み下さいませ

 

野菜・鮭・豚肉などで簡単に作る、色々なバリエーションのチャーハン

ベーコンチーズトーストは塩分がお互いの甘みを引き出して美味いです

痩せたいけど豚肉だけは後ろめたいから…レタスを巻いてヘルシーな食べ方

ブロックベーコン
ちょっとでも面白いと思った方はこちらもどうぞ!
>ご覧いただきありがとうございます!

ご覧いただきありがとうございます!

ちょっとでも楽しんでいただけたら嬉しいです