札幌在住。奥さんと小学生の娘、フレンチブルドッグのベンと暮らしております。札幌のグルメ情報や動画配信サービスなど書いております。

札幌 「お食事処 まきの」は古き良き昭和の面影を留める奇跡の食堂

お食事処まきの外観

古き良き昭和の食堂を心から愛し探し求める、kobayashi(parking@ace)です。

お食事処 まきの
住  所:札幌市東区北11条東1-2-6
アクセス:地下鉄東豊線北13条東駅より徒歩3分
電  話:011-741-6830
駐車場:なし
関連記事

  チャーハン大好き過ぎて…地元札幌でチャーハンを食べ歩きまくった、kobayashi(parking@ace)です。今回は我が街、札幌のチャーハンが旨いお店をご紹介していきます。超個人的に選んでいるので「あのお店が入ってい[…]

札幌チャーハンの旨い店 TOP画像

地下鉄 北13条東駅から徒歩約3分

地下鉄東豊線北13条東駅から徒歩約3分に「お食事処 まきの」があります。石狩街道(創成川通り)沿いのこのお店は、何度かこの前を通ったことがありましたが…食堂と認識するまで時間がかかりました。「うまい!お食事処」とよく見る赤と黒ののぼりを見なければ、営業している事すら認識出来なかったと思います。

 

失礼な書き方になりますがそれぐらいボロボロの外観で…実家で昔使っていたような木製ののれん(じゃらじゃら音がするやつです)の奥の暗闇の中に人がいるとは思えませんでした。

 

…とミステリーを感じるこのお店…すぐ近くによってみて見るとチャーハンセット500円など書かれた手書きのメニューと中から話し声が聞こえた事で、心の中の食堂好きの私が「行くしかないだろうね」と指示を出した事をきっかけに、何も書かれていない真っ白なのれんと木製ののれんを同時にくぐることにしました。

 

玉子丼350円から始まる手書きのメニュー

お年を召した主人が「いらっしゃい」と飲食店の方特有の年齢を感じさせない元気な声で続けざまに「メニューはそこ見てね」と指した方を見ると…私が外で見たメニューには確かチャーハンセット500円(税込※以下同表記)(2019年9月現在)と書かれていたような気がしますが…店内の手書きのメニューを見るとチャーハン400円となっています。

手書きのメニュー

 

セットとの違いは次回尋ねてみる事にして…大好きなチャーハンを注文しました。単品メニューの全てが500円…いわゆるワンコインで食べられるのはこのご時世なかなか無いと思います。メニューの文字が読みづらいとか…多分「鍋やきうどん」が正しい表記なところを「鍋やきんど」となっているのとかはどうでもいいんです…。

 

昭和の時代から変わらない価格設定に主人の心意気を感じ、これで商売できるのは奇跡だと思いました。

 

ノスタルジーというよりも…現在進行形の店内

ノスタルジーとは過ぎ去った過去を懐かしむ事ですが、「お食事処 まきの」の店内は懐かしさというよりもリアリティを強く感じます。ドキュメントを見ている感じ…でしょうか?ちょっとわかりづらい表現になってしまいましたが…不思議な空間でした。

店内

 

店主がチャーハンの具材を刻んでいる中…私が座った右の方…入口入ってすぐ右に本棚がありました。大好きな「こち亀」が並んでいるのはとても嬉しいです。

本棚

 

ほとんど持っている巻でしたが…何度読んでも面白いのが「こち亀」です。

 

男っぽいオリジナリティ溢れるチャーハン

こち亀を2話ほど読み進めたあたり…約5・6分ほどで注文したチャーハンが届きました。一緒についてくる味噌汁がいい食堂感です。北海道は濃い味を地で行く私は好きな程よい濃さの味噌汁でした。好きな味ですね。

チャーハン

 

そしてチャーハンを一口…色々な味が口の中で解釈を待っています。まず感じるのは味が濃いという事です。言わずもがな濃い味は大好きです。ポンコツな私の頭の中の解釈が進み…バターの風味と醤油の香ばしさ…そしてソースのような甘みを若干感じます。

 

具材は鶏肉・玉ねぎ・卵…そしてイカです…これがチャーハンの定石(と言っていいかわかりませんが…)をはずしていますが、オリジナリティは強調されています。歯ごたえの存在感と味の主張も強いので、ここでしか味わえないチャーハンの急先鋒となっているでしょう。

 

オイリー感の強さは刻み紅生姜が中和してくれます。このサイズに刻まれている事は具材の大きさをあわせるチャーハンにとってはとても重要で違和感を無くしてくれます。やみつきになったらたまらないチャーハンだと思います。僕はとても好きな味でした。

 

いいお店が見つけられて嬉しいです

会計時に5000円を渡すと主人に「細かいの無いな…お釣り渡さなくていい?」という定番のギャグに、私より先にいたお酒を楽しまれている常連さんが「細かいのあるよ」と本気だか嘘だかわからない言葉により…この不思議な空間に不思議な一体感が生まれ、優しい笑いに包まれました。

 

夢か現実化を戸惑う滞在時間約15分は、チャーハン一杯400円というリアリティだけを残し…奇跡の食堂という新たな認識をさせてくれました。いつまでもお元気に営業を続けて欲しいです。また必ず行きます!

 

——————————————————–
お食事処 まきの
住  所:札幌市東区北11条東1-2-6
アクセス:地下鉄東豊線北13条東駅より徒歩3分
電  話:011-741-6830
駐車場:なし

 

あわせてお読み下さいませ

 

関連記事

  チャーハン大好き過ぎて…地元札幌でチャーハンを食べ歩きまくった、kobayashi(parking@ace)です。今回は我が街、札幌のチャーハンが旨いお店をご紹介していきます。超個人的に選んでいるので「あのお店が入ってい[…]

札幌チャーハンの旨い店 TOP画像
関連記事

  夏はクーラーの効いた店内で食べるより、暑がりながら窓の外から吹き込む微風を感じる店内で食べる焼肉の方が美味しいと思う、年季の入ったお店が好きなkobayashi(parking@ace)です。   地下[…]

幸楽園の入口
関連記事

  札幌駅から歩いて15分ほど…東区にある「ファイターズ通り」商店街の懐かしい町並みを見ると、なぜか少年時代を思いだしてグッときてしまう、kobayashi(parking@ace)です。   創業1959[…]

味かつ外観
関連記事

  札幌のレンタル自転車ポロクルに乗って…真夏の暑さを颯爽と走り抜け、美味しそうなお店を探し求める…kobayashi(parking@ace)です。   700円→600円のとんかつ定食 札幌駅から徒歩[…]

くわふじ 外観

 

お食事処まきの外観
ちょっとでも面白いと思った方はこちらもどうぞ!
>気持ちを込めた年賀状でよい新年を

気持ちを込めた年賀状でよい新年を