札幌在住。奥さんと小学生の娘、フレンチブルドッグのベンと暮らしております。札幌のグルメ情報や夫目線の家事についてなど書いております。

スーパーで安くなった惣菜“チキンカツ”は、 翌日丼物にすると“しっとりにしっくりくる”美味しさに

出来立てチキンカツ丼

 

白米を主食として数十年…。あの甘み…あの旨み…、白米を食べる時はいつも和食文化の中で生まれてよかった!と喜びを感じてしまう、kobayashi(parking@ace)です。

 

スーパーの惣菜はそのまま食べても美味しいけれど…

奥さんがよく買ってくる“夕方を過ぎると安くなるスーパーの惣菜”

 

僕と娘はちょうど惣菜が安くなる時間に夕食をすませますが…仕事で忙しい奥さんが帰ってくるのは夜8時か10時頃。夕食にもう一品と…安くなった惣菜が入った買い物袋を片手に帰宅します。

 

温めずそのまま食べるのも美味しいですが、フライ系はグリルで温めるとサクッとしてさらに美味しく食べれますよね。さすが商品になるほどの味だといつも関心をしております。

 

たまに何種類か買う事もあるので、その日のうちに食べれず…惣菜は冷蔵庫で一晩過ごす事もよくあります

スーパーの惣菜チキンカツ

 

冷蔵庫で一晩過ごした惣菜のトンカツやチキンカツは丼物チャンスです

スーパーで売っている惣菜は買ったその日に食べてくださいといった事が表記されているように、翌日になるとほんのちょっぴり味が落ちてしまいます…。

 

もちろん、そのまま食べてもそんなに味が変わったように感じる事はありませんが…冷蔵庫で一晩寝かせた事をポジティブに捉え、残り物…余り物だけど…見た目を変えることによって、新しい料理ができる事はチャンスなんだとうっすら考えております。

 

今回はチキンカツが残っていたので丼物チャンスという事になりますね。こじつけのように感じられたらごめんなさい。。

 

しっとりとしたカツ丼はしっくりくる

僕は揚げたてのカツで作られた丼物がとても美味しい事を知っています。が…、チャーハンでもご飯がパラパラらなものが好きなパラパラ派と、しっとりとしたものが好きなしっとり派がいるように、しっとりとした丼物が好きな方もいらっしゃると思います

 

カツがつゆをよく吸って…一緒に煮る玉ねぎもしっとりとした丼物はご飯との融合率が高くなり、のどごしがいいので…がっついて食べたくなっちゃいます。丼物はがっついて食べる事が男子の美学だと信じて疑わない僕は…しっとりとしたカツ丼がしっくりきます。

 

冷蔵庫で一晩寝かせたカツはそんなしっとり丼物を作るのに適しております

 

がっついて幸せ、しっとりチキンカツ丼

まずは玉ねぎ半玉をスライスしたものを、市販の濃縮つゆをボトルに書いてある丼物の水分量で割り、砂糖多め、みりんちょっと、料理酒ちょっととともに中火にかけたフライパンで煮ます。

フライパンで玉ねぎを煮る

 

玉ねぎがしっとりしてきたら…冷蔵庫で一晩寝かせたしっとりチキンカツを一口大に切ったものをフライパンに投入し、しっとりとつゆを吸い込むまで煮ます。

 

あとは、溶いた卵を投入。弱火で蓋して…いい頃合で火を止めて…どんぶりのご飯によそったら完成です。

 

ご飯の味もしっかり味わいたいのであれば、丼つゆはあまり入れない方がいいかなと思います。あとはもう、がっついて食べれる美味しさに幸せを感じちゃってください。パパッと手軽に…残り物と感じさせない2日目カツの使い方…しっとりにしっくりくると思いますよ。

チキンカツ丼のアップ

 

 

あわせてお読みくださいませ

 

インスタント味噌汁の手軽さを損なわず…さらに美味しく食べましょう

家庭でできる、美味しいお茶漬けを味わえて…食品ロスを抑えるリッチな楽しみ方

トランスフォーマーなハヤシライスの3日間

出来立てチキンカツ丼
ちょっとでも面白いと思った方はこちらもどうぞ!
>ご覧いただきありがとうございます!

ご覧いただきありがとうございます!

ちょっとでも楽しんでいただけたら嬉しいです